いわゆる「もらってしまう治療家」の特徴

おはようございます!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

横浜 鶴見の 

「根本治療で生命力を高め【健康を積立てる】」 

人と社会を元気(=絶好調)にする太鼎堂鍼灸院です。

  

  

時折

「治療していてもらっちゃってさ〜。」

ていう人がいます。

  

  

こうやって言ってくる人

大抵、貰ってません。

  

  

  

実際に「貰っている」という人もいるのでしょうが

自らわざわざ言ってくる人は100%嘘です。

(高橋の経験上100%というだけですが。)

  

  

  

だって、治療を見ると

とってもバタバタバタバタしてるんですもん

もしくは、動きに無駄が有りすぎる人です。

 

  

まるで、フライパン温めて「さぁ、準備万端です!」

ってなっているところで炒める物を切り始める位のレベルです。

  

  

正直、「貰う」なんて状況はあるのでしょうが

  

   

バタバタの臨床ばかりのお方が「貰った」と言うのと

飛び抜けた技術や臨床力を持つ方がいう「貰った」では質が違うでしょう。

  

  

  

対応に神経を使うことや

細やかに状況を読んでいく。

   

  

  

こんな事はプロとして当たり前です。

  

  

よくスピリチュアル的な話を持ち出して

そればっかりで、状況読めてない方とかは

「バタバタ治療」をした上で「貰った」とよく言います。

  

  

  

私もスピリチュアルとか大好物ですが

宗教無き科学は欠陥であり、科学無き宗教は盲目である

とはアインシュタインさんの言葉ですが、よく言ったもので

  

  

いやいや、それ貰ったとかじゃなくて

無駄な動き多いいのと、慣れない仕事して疲れただけだから。

  

  

って伝えたい人めちゃくちゃいます。

  

  

  

私の知人に、本格的なスピリチュアルな方もいらっしゃいますが

安易に「貰った」なんて言いません。

だって、想定できているのであれば対応するのがプロですからね。

  

  

貰った、という事は「差し出した」人間を作ることになります。

  

  

自分の管理不足をゲストの方のせいにするなんて私はプロ失格だと思います。

  

  

  

「いや、貰っちゃったよ〜」

とか言ってくる時点で、私としては「あー、なるほどね〜」みたいな感じです。

  

  

料理人が

「包丁で指切っちゃったよ〜」くらいに聞こえます。

  

  

    

    

    

何が言いたいのかと言うと。

うまくなりたければ、人(スピリチュアル的な話)のせいにはするな。

プロは、自分の責任100%。

まず、慣れろ。そして磨き続けろ。心、技、そして体。

もし、それでも想定を超える問題が起きたのであれば「自分を成長させる糧」に出会ったと思って、淡々と次のステップへ向かえ。

  

  

という事です。

今年も色々な方に教えてきましたが

まだまだ居ます。こういう方。

  

自分の治療家さんがこんな事言ってたら

しっかり考えた方がいいと、私は思います。

  

  

  

それでは、今日も元気にお過ごしください!

  

*********************

  

LINE始めました!

元気になる東洋思想の話+お知らせを毎朝(7:12)しています。

お友達登録はコチラ

http://nav.cx/9oEIipT

  

「元気になるつぶやき」

Twitterはこちら→https://twitter.com/Yousuke_TEI

  

「今週のお花」

Instagram→https://www.instagram.com/?hl=ja

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

「元気になるお話会」にいらっしゃいませんか?

東洋の知恵を学んで「自分の取説」を持つ

元気になるお話会に参加してみませんか?

あなたがあなたらしく元気に生きる生活を一緒に探しましょう。

毎月第3木曜日10:00~太鼎堂鍼灸院付近でやってます。

詳細は、メールにてお問い合わせくださいね

2019.12.22