不妊でお困りの方が寝る時に気を付けたい注意事項3点

おはようございます!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

横浜 鶴見の 

「根本治療で生命力を高め【健康を積立てる】」 

人と社会を元気(=絶好調)にする太鼎堂鍼灸院です。

  

 

  

太鼎堂鍼灸院では「子宝鍼灸」と読んでいますが

いわゆる不妊治療をする上で、大切な事があります。

 

↓太鼎堂鍼灸院の子宝鍼灸について

  

  

  

それは、ずばり【体を冷やさない事】です。

  

  

この「冷え」は大敵です。

ただ、冷たいというような一般的な冷えとは違い

「体の芯の冷え」を指します。

  

  

  

太鼎堂鍼灸院で行う治療では

【体の芯の冷え=生命力の低下】と考え、病の原因と考えていますが

この冷えというのは、軽んじている傾向が非常に強いです。

  

  

  

手足が冷えれば、そこまでに流れる血液の動きは滞り

内臓が冷えれば、全身的に影響が及びます。

  

  

体は一定の温度で働いていますが

これは、例えばエアコンのようなもので

冷えや熱が強くなりすぎないように「細かく調整」してくれているのです。

  

  

 

体の芯の冷え=生命力の低下により

調整能力が失われ、体は末端が冷え上部がのぼせます

(のぼせとは、熱くなったり、凝ったり、ぼーっとする感じ等を指します)

  

  

  

不妊状態の方は、この冷えとのぼせが混在する状態にあります

つまり調整能力である「生命力」が低下し、体の芯が冷えている状態なのです。

  

  

治療は、いつでも生命力を高め、体を芯から温める必要があります。

↓こちらもぜひ参考にしてください

  

  

温める方法については

鍼灸治療が有効ですが

日頃の生活では、温かい物をとるなど心がけましょう。

もう一つは睡眠がとても大切です。

  

  

  

睡眠の際に注意していただきたい3つの点がありますが

今日はそれを記載していきます。

これを変えるだけで、状況は変わってきますが

生まれるのは気づかないほどの「微差」です。

この「微差」は続ける事で、ある日「大差」につながってきます。

  

 

  

①当然のようですが、しっかりと寝具を使用する。

治療をしていると、

「疲れたからソファで寝てしまった」など、

日頃、体を休める場所で寝ない事で体を疲れさせてしまう方がいます。

  

  

「酔っ払ってフローリングで寝ていた」なんて方もいらっしゃいます。。

  

  

今でいうと、朝晩の気温差もあるので

夜暑くても、朝方冷えているという事が多いものです。

部屋の状況や、体調も加味されるのですが

寝具は、一晩の睡眠をトータルで考えて必要な物を用意しましょう。

  

  

②お腹いっぱいの状態で休まない

睡眠は、体の回復の為に行うのですが

その際、東洋医学的に言うと「気が落ち着いていく」過程です。

睡眠中に消化を行うと、内臓は働き続け気が落ち着かない状況になります。

  

特に、お腹をいっぱいにしてしまう事で

消化に負担がかかり体力が奪われ、益々体は冷えてしまう事になります。  

  

  

  

③髪の毛が濡れた状態で寝ない。

これはそのままなのですが

特に女性の洗髪は【体を冷やして】しまいます。

  

そもそも、髪の毛は体温を守る為にある物です

(体温が高くなりすぎる事で脱毛が起きます)

 

   

その為、髪の毛自体が冷えることは、体を冷やす事に直結します。

体調が悪い日の洗髪は避けたほうがいいのです。

(月経時の洗髪も避けましょう)

  

  

あまり、頻繁に洗髪をすると

冷えに抵抗するあまり、体内に熱を持ち始め

内臓に異常をきたす恐れがあります。

  

  

体調が良い日の洗髪も、髪はすぐ乾かしましょう。

濡れた状態での睡眠は、一晩中体を冷やす事に繋がります。

  

  

  

  

以上の三点です。

かなり、該当する事が多い三点を挙げました。

ぜひ、今日から注意をして見てくださいね!

  

↓「眠り自体が浅い」という方はこちらも!

  

  

  

それでは、今日も元気にお過ごしくださいませ!

2019.09.28