歴史は変えるよりも、つくる。本気で平和をかんがえよう。

こんにちは!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

横浜 鶴見の

「根本治療で生命力を高め【健康を積立てる】」 

人と社会を元気(=絶好調)にする太鼎堂鍼灸院です。

  

  

  

今日は、日本という国にとって

非常に大きな1日ですね。

  

  

広島原爆の日。

  

当時の事は、見た事はありませんし

話を聞いたり、本を読んだり。想像でしかありません。

  

  

太鼎堂鍼灸院にも

広島で被災をした後に関東に移り住み、今を過ごす方がいらっしゃり

当時の話を伺った事がありました。

  

  

家を失い、財産を失い、思い出の品を失った。

ご近所さんを失い、友人を失い、家族を失った。

  

帰る場所が無くなり、食事も無くなり、どうしていいのか分からなくなった。

  

  

自分が泥まみれなのかも、傷だらけなのかも分からないまま

ただただ、一生懸命生きる為に必死だった。

  

  

一つ一つの言葉が、私の心を締め付けました。

当時、まだいたいけな少女であったその方は

すでに80才を過ぎていらっしゃいます。

  

  

しかし、今だに当時の事は鮮明に覚えているそうです。

  

  

よく遊んだ空き地、

友達と通った通学路、

家族と行った商店街

  

  

その場所が目の前から無くなる

道すらなく、どこに行っていいのかも

何が正解なのかも

  

なぜこんな事が起きているのかも分からなかったでしょう。

  

  

今、お話を聞いていた時間を思い出しても涙が出ます。

  

  

  

そんな体験をされた上でも

その方は

「今が幸せで、私はとてもツイているわ。おかげで素敵な先生とも出会えたし」

澄んだ笑顔で言ってくれました。

  

  

  

上手く言えませんが、

本気で生きたり、本気で幸せを願うってこういう事なのかなって感じました。

  

   

  

バトンを渡された気もしました。

  

   

  

それ以来、頭の中をグルグルグルグル回って考えました。

  

  

平和ってなんだろう

  

戦争ってなんだろう

  

  

何をして行動して、何を考えて、どんな日々を過ごせば平和になるのだろう。

  

  

そんな事です。

  

  

ある時に

  

戦争を反対する。のではなく

平和に賛成し続ける

  

という感覚が大切なんだな、と浮かびました。

同じ事に聞こえますが、不思議と全然違うことなんですよ。

  

  

  

どんなイメージを持つか。

未来というまっさらなキャンパスに

どんな絵を描いていくのか。

  

  

  

自分個人で出来ることなんてたかがしれてる

  

そんな事思わずに

日々の全てを、その行動や立ち振る舞い全てを

  

平和な歴史(日々)をつくりつづける。

  

「人生の毎日が平和をテーマにしたアート作品だ!」

 

とおもって生きる。

  

  

そうしよう、とあの会話以来思いました。

  

  

人の批判をしたり

人の悪口や文句を言ったり

人を傷つけるような言葉を使ったり

  

  

今まで、たくさんしてきた失敗を

人類がたくさんしてきた失敗を

  

ゼロとして、今ここから作る。

  

  

私の日々は、

私の全ては、

世界平和に通ずるものです。

  

  

心の安寧を願い

人々の健康をつくり

絶好調に生きて

世界中が手を取り合えるようになる鍼灸治療家でありたい。

  

  

あの話を聞いて

日本に生まれて

そう思いました。

  

  

  

私は本気で、今より平和な世界に向けて

頑張り続けていきたいと思います。

  

  

より良き世界へ。

  

  

子供達の為に

動植物たち、そして自然。

かたよった物でなく、全てのものにとって平和に。

  

    

  

  

平和な歴史をつくっていきましょう。

みなで生きた、この時代が

何より平和であった。そんな時代を作りたいと思います。

  

  

  

まずは、あなたの平和から始まります 

今日も元気でお過ごしください!

  

  

平和の為に、祈りを!

2019.08.06