洗練された鍼灸治療(シゴト)はうつくしい

こんにちは!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

横浜 鶴見の

「根本治療で生命力を高め【健康を積立てる】」 

人と社会を元気(=絶好調)にする太鼎堂鍼灸院です。

  

  

  

おはようございます、

最近、「古傷を治す職人ですね」と言ってもらえたのが嬉しくて

古傷職人の高橋ですと名乗っている、高橋です(笑)

  

  

  

太鼎堂鍼灸院では「積聚(シャクジュ)治療」という治療法を行なっております。

鍼灸にも色々と流派?が有るのですが、その一つです。

  

  

この治療法をやっていく上で

色々な先輩や、今では後輩も出来た訳なんですが

面白いことに、色々気づく事が有ります。

  

  

それは、

  

上達すればするほど、うつくしい。

  

ということ。

  

   

うつくしい、というのはあくまで私の感覚ですから

あまり気にせず聞いていただきたいんですが

  

  

  

私が、うつくしいな〜と思うものは

(見る人が見ると)とてもシンプルなものです。

  

  

例えばですが

派手に見えるもの(例えばシャンデリアとか)でも、

その細工の一つ一つや、職人の仕事を見ると実にうつくしいものです。

  

  

ド派手な物を扱うというのは、意外とごまかしも効いてしまうところが有るのですが

シンプルな物というのは、本当に浮き彫りになります

  

  

  

無駄がない

それぞれが滑らかにつながっている

統一感、一貫性

  

  

そんな所にうつくしさを感じます。

  

  

  

私の先生は、技術を磨き、知識を知恵を磨き高めて来た先生です。

  

そんな先生を見ていると

治療の所作がうつくしいなぁ、と思います。

そして、治療の際の思考がうつくしい

(先生が話す言葉とかで、私が勝手に想像しているだけですから、実際はもっともっとなんでしょうね。)

  

  

  

一つ一つの動作のつながり

距離感や間合い

右手、左手、体幹、両足の連動

目線

言葉の順序やタイミング

  

  

本当に違和感なく、あっという間に時間がすぎるけれど

その時間は非常に濃密に感じる

という不思議な空間に入った感触すらあります。

  

  

一体何年かかって洗練したらこうなるんだろう

と思います。(笑)

  

   

  

私が思う、良い治療というのは

  

「治療家らしさが一貫性を持ち、人を元気にする事に注力する」

  

といった感じ。

まだ上手く言えないですが、こんな方向性にあるものです。

  

  

  

本当に一流の治療家は

その一つ一つの症例が、アートのように美しく

半端じゃない効果を持っています。

  

  

  

いわゆる名家の英才教育には

「(身の回りの全て)一流の物しか見せない」

という物が有るそうです。

  

  

そうすると、

「(一流)そうではない物が自然と見分けられる」

そうです。

  

  

  

身の回りまでは、良くわかりませんが

治療において、私は一流しか興味ありません。

  

私はとっても不器用で、そんなに才能に溢れている。という訳ではないです。

学生時代も、私より頭が良かったり鍼が上手い人はたくさんいました。

(めちゃくちゃ劣等生でしたからね〜。笑)

  

  

ただ、一流への興味と食らいつき(笑)だけを楽しみながらやってきました。

  

洗練したもの、優れたもの、本当に価値のあるもの、人生を劇的に好転させるもの

  

  

私も、大切な大切なお時間やお金をかけて来てくださる

一人一人の大切なゲストの為に

そんな存在でありたいな、と思います。

超一流の先生です。

  

  

  

今日も暑いです

お元気でお過ごしくださいませ!

2019.08.03