暑い日も元気でいるヒケツ②

こんにちは!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

横浜 鶴見の

「根本治療で生命力を高め【健康を積立てる】」 

人と社会を元気(=絶好調)にする太鼎堂鍼灸院です。

  

  

  

今日もまた暑いですねぇ。

鍼灸の講習会で、教える側でしたが

受講生のみなさんは、何だか溶けそうな顔してました

本当に夏!ですね。

  

  

何だか、急に真夏になったようで

生き物たちも困惑しているんじゃないかなと思うほどです。

  

  

  

昨日は、自分の感覚についてのお話でしたが

今日は、過ごし方について。

  

  

  

  

こんな日には

「気温差」で体がだるくなる場合が多いです。

その気温差とは

暑い外と涼しい室内での温度差です。

  

  

  

  

  

・電車

・コンビニ

・カフェやレストランなど

  

  

  

かなり、温度が低く設定されているところもありますよね。

  

  

なかでも特に注意が必要なのは

【 スーパーマーケット 】です。

これは、ヒジョ〜に寒い。

  

  

  

こんな温度差にみなさんだるさを覚えてしまう事があります。

だるさが出なくとも、体調に変化を及ぼします。

  

  

  

しっかりと気をつけて

体調管理をしていくためにも

3つの事に気をつけましょう

  

  

①汗は、しっかりと拭う

 これは、汗をかいている状態で冷えると体は特に冷えるためです。

 丁寧に拭ってからの方が、体は冷えにくい傾向になります。

 冷える場に行く際には、汗を拭ってあげるのが効果的です。

 気温差を意識しましょう。

  

  

  

②締め付けの多い服を着ない

 締め付けられていると、熱が逃げにくい状態になりますから

 少し、ゆったりした服装を心がけましょう

 砂漠の方や、南国の方などはゆったりした服装を伝統的に着ていますよね

 締め付けすぎる服は、この時期には合いません。

 羽織るものなどを用意してもいいと思いますが、着心地を確かめながら工夫しましょう。

  

  

  

  

③暑い日にも白湯を飲む

 温度は40℃程度で構いません。

 暑いからといって、冷たいものを飲みすぎると

 体を温める作用が働き、かえって火照るものです。いつまでも熱感が治りません

 一旦、白湯を飲む事で体が汗をかき、スッキリとしてきます。

 体調に合わせながら取るようにしていきましょう。

  

  

  

  

以上の3点ですが

みなさん、気をつけてみてくださいね

ドンドン元気になっていただきたいので、日々を大切に!!

  

細かな変化が大きな病に繋がりますから

慢心せず、自分の体をいたわってあげましょう。

  

   

  

それでは、今日も元気にお過ごしくださいね!

2019.07.28