【深く考えるのが好きな人向け】体は唯一無二の相棒

こんにちは!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

横浜 鶴見の

「根本治療で生命力を高め【健康を積立てる】」 

人と社会を元気(=絶好調)にする太鼎堂鍼灸院です。

  

  

  

自分は、何者なのか?

  

こんな疑問は昔から深く考えられているようで。

  

  

体が自分なのか?

頭が自分なのか?

心が自分なのか?

  

  

などなど、考えるキッカケはたくさん有りますが

本当に、自分とは何者なんでしょうか?

  

  

  

自分の名前こそが自分だ!なんておっしゃる方もいますよね。

しかし、それは名前であって本質ではありません。

  

名前って変わりますしね。

  

  

じゃあ、自分って何者なんだ?

  

  

わかってはいるけれど、説明が出来ないこの存在。

一番身近なのに、実は深くはわかっていない存在。

  

  

きっと、心も体も

その「全て」が自分なのですが

その「全て」が把握しきらないわけです。

  

    

本質というものを捉える時

深く広く考える必要が有ります。

  

  

そして、本質を捉えると

この複雑に見える世の中が、シンプルに見えるのです。

  

  

  

体は、いつの間にか一緒にいます。

心も、いつの間にか一緒にいます。

  

  

  

私が先なのか、心身が先なのか。

  

   

世の中には、答え合わせが出来ない難題がたくさん有るものです。

しかし、どうやら答え合わせが出来ない事に意味があるようです。

  

  

  

こんな風に難しく考えたあとは、

とてもシンプルに見えるようになってきて

  

  

  

段々と色々な事がわかるようになります。

体のことも、心のことも、自分のことも。

東洋の哲学は、そんな知恵を持っています。

  

  

  

まずは、疑問に思って考え始めること。

  

心身が無ければ、自分は無い。

自分が無ければ、心身は意味が無い。

  

  

自分の全てを大切に

今日も元気でお過ごしください!

2019.07.17