お腹を触って分かること

こんにちは!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

横浜鶴見の

「根本治療で生命力を高め【健康を積立てる】」 

人と社会を元気にする太鼎堂鍼灸院です。  

当院の治療では「お腹」の状態を重要視します。

お腹は、非常に面白いんです。

古い東洋医学の本には

お腹の異常には3つある

一つは、痛み

一つは、固さ

一つは、拍動

なんて書いてあります。

これらの異常はお腹だけでなく

身体の異常も表します。

全身をギューっとコンパクトにするとお腹になった。そんな感じです。

右肩が痛い人は、お腹の右上に痛みが有ったりするのです。


お腹の表面に触れ、皮膚の状態を確認した後に静かに押していくと

様々な事が分かります。

まるで、海に潜ったダイバーが魚や海藻の状態、岩や深さなど

海の状態を知る様なものです。


「現在の状態」や「今までどのように疲れを積み上げてきたか」

慣れてくると、そこまで分かってきます。

本人が語らずとも、お腹に触れれば分かる。そんな感じです。

お腹の状態を把握して、治療をすると全身にとてもいい効果が広がります。

身体が治っていくと、お腹の異常も収まり

面白い物ですね。

一般的には、「お腹と肩」や「お腹と頭痛」が関連しているなんて思わないかもしれません。

ですが、実際は身体をパーツパーツで分けて考える方が無理があるんです。

大切なのは、細胞は数あれど、身体は一つ。という事です。

関連性や統一感の中に「生命力」を見出し、調節するのです。

お腹が変われば、全身が変わる

全身が変われば、お腹が変わる。

そんなお話でした。

2019.05.08