思いと「子宝」のはなし

こんにちは!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

横浜 鶴見の

「根本治療で生命力を高め、人と社会を元気にする」太鼎堂鍼灸院です。

  

  

うちの甥っ子とかんざぶろ、です。

  

  

  

  

巷では、「不妊治療」という言葉がよく目立ちますね。

子供を産み・育てるというのは非常に大きな意味を持ちますから

それが達成できない、となると穏やかではありません

  

  

  

不妊とは、

「特別避妊をしていない状況で1年間妊娠しない」

「結婚して2年以内に子供が出来ない」

状況だと言われます。2個目の定義については色々と考え方もあるとは思いますが、往往にして結婚後2年で妊娠するというのが多いからだそうです。

  

  

  

現在、不妊治療には体外受精や顕微受精など様々な方法が取られます。

男性側の精子と女性側の卵子が出会い受精卵になる

その受精卵が、子宮に着床すると妊娠が成立する

と学校でも習ったと思いますが

  

  

  

  

不妊の状態はこれが出来ないわけです。

・精子不足、精液形成異常、活動力の低下など

・卵子形成不全、異常卵子など

これらの精子・卵子の異常か

その精子・卵子を支える血液やホルモンの状態、子宮などの内蔵の環境が影響します。

  

  

  

  

精子が卵子に会うだけなのだから

そんなに大変な事じゃないじゃないか。

だなんて言う人もいてビックリした事が有りますが。

「命がうまれる」というのはそんなに簡単に考えて良いことでは無いですよ。

数々の奇跡や、試練を体験してやっと生まれるいのちです。

すでに大人になった我々だって、本当に奇跡のカタマリなんですよ。

(いつか、元気が出るお話会で話す内容です笑)

  

  

  

  

  

  

私は、そもそも「不妊治療」という言葉が好きでは有りません。

あくまで「不妊」を意識しています。

「子供が出来ないこと・状況」に集中しているのです。

  

  

治療するときは、

その方の「意識」がとても大切。

「うまれるいのち」に向けて集中すべきなんですね。

  

  

  

  

  

太鼎堂鍼灸院では

「子宝鍼灸」なんて言ってます。

子供って本当に社会の宝です。天才です。本当に素晴らしい。

子供が一人いるだけで、家庭の空気感も全く変わります。

社会だって温かくなるんです。

  

  

  

  

  

そんな子供好きの私ですから(小学生くらいのおマセな時期は苦手ですけど笑)

子宝治療には本気です。

  

  

  

うちは最高齢41歳の方が妊娠しました。

ホルモンの数値が、3週間で4倍になった方もいます。

子宮内膜症が治って妊娠した方もいます。

  

途中で諦めてしまった方も居ますが、10人中9人は妊娠する・妊娠しやすい体調になる。という状況です。

  

  

  

ポイントは

「全部をなおすこと」

大元からなおすんです。

  

  

  

  

正直、焦って病院で不妊治療を受けると言うのは

土壌を作らないで作物を育てること。に似ています。

酸・アルカリの状態、砂利や草木、水はけや風や日差しなど

作物に与えるものは様々有り、全てが整わずして種を植えても・・・。

もし、実ったとしても十分なもので無い場合だって有るんです。  

  

  

  

  

子供だってそうです。

お母さんの環境、どうですか?

手足は冷えて居ませんか?肩こり、背中こり、生理痛、内蔵の不調有りませんか?

  

  

お父さん、体調どうですか?

疲れすぎて居ませんか?食べ過ぎ、飲み過ぎ、働きすぎしてませんか?

  

  

  

「少しでも、体に気になるところがある」

この状況は問題なんです。

子供に向けて、100%集中できる環境。これが無いと元気に育ちません。

  

  

  

  

ただ、闇雲に不妊治療をしても仕方がない。

  

  

  

子供は子宝。

宝物を、どんな風に守り育てるか。

これがポイントなんです。

ただ血流をよくするだけでなく

身体の芯から回復させ、身体の問題を全て抜く。

「全部、なおす」

「全部芯から、整える」

そんな気持ちが大切です。

  

  

  

  

  

悩んでいる方

ぜひ太鼎堂鍼灸院の子宝治療を受けてみてくださいね。

2019.02.07