自律神経を守る為、ここは冷やして欲しく無い!3つの部位

こんにちは!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

横浜 鶴見の

「根本治療で生命力を高め、人と社会を元気にする」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

今日はシンプルにいきます!!

 

特に冷やしていただきたくない3つのポイントは

 

①お腹

 

②うなじ〜肩甲骨の間

 

③足首

 

です!!

 

 

お腹は、全身の縮図とも言える場所で

あらゆる臓器が密集し、とても大切な場所です。

また、冷えというのは東洋医学では「直中」といい内臓を直に影響すると考えます。

(寒い時に、お腹が痛くなって下痢。なんてのは直中です)

 

 

 

 

 

うなじ〜肩甲骨の間は、まず頸がありますね。

頸は自律神経にとって関連の深い部分になります。

頸を怪我している人は、まー問題が出ます。

無い人も、冷えてこわばる事で体に変調をきたします。

 

 

 

更に!!肩甲骨の間は

風邪を引く際に、一番最初に風邪が入る部位と言われています。

ですから、冷やしてしまう事で「寒さ+風邪」が入り込みます(寒さ=風邪ではないです)

これが体にキツイのです!

風邪を引くと、全身で対応しなければなりません。

 

 

例えるならば、お城の中に侵入者が入ってきた状態です。

もう、殿様、家来、奥方さま、門番、厨房の人やらみんなてんてこ舞いです。

あちこちに被害が出るのは想像に容易いですが

一番は、「弱っている部分」に影響が出ます。

治療している部位で有ったり、古傷であったり。何かしら影響を受け痛みなどが出ます。

気をつける事をお勧めします。

 

 

 

 

 

最後に、足首です。

足首は足に向かう血管が通りますが

ここは循環にとって大切なところです。

足首が冷えると、足先が冷えます。これにより血液が冷え身体が冷える傾向に有るのです。

血液が冷えると、体は温めなければなりませんから

体力を使って(まるでエアコンが電力を使って温めるように)温める為

簡単に言うと疲れるのです。

 

 

 

 

ですから、足首は冷やさない!!

直接的に関連しているように感じにくいかもしれませんが

間違いなく体は疲れます。

 

 

 

足首を出すファッションなども有りますが

「屋内(寒くない所)限定」です!!!!!(笑)

 

 

おしゃれな服装ももちろん大切ですが

何より、健康的な笑顔や、健康的なお肌、健康的な動きや表情の方がよほどモテます(笑)

後から「え、何だか違和感。」とかエネルギーの無い感じによって人が離れてしまうものです。

 

 

 

自分の身体をまず大切にして

 

それから色々な事を大切にする。

 

この順序を間違ってはいけませんよ!!

 

 

 

ぜっっっったいに冷やさないでください!!!

 

 

2018.12.10