大阪で「第46回 日本伝統鍼灸学会 学術大会」に参加してきました

こんにちは!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

横浜 鶴見の

「根本治療で生命力を高め、人と社会を元気にする」太鼎堂鍼灸院です。

なんだか、全然写真が無いです(T ^ T)

 

 

 

大阪の茨木(立命館大学)で行われました。

第46回の日本伝統鍼灸学会に参加してきました!

 

 

日本鍼灸の枠組みには、

①お医者さんの行う現代医学に基づく「現代鍼灸」

②中国で発展した鍼灸医学「中(国伝統)医学」

③中国から伝わり、日本で独自に進化した「日本伝統鍼灸」

の3つがあると教科書で紹介されています。(それ以外ももちろんありますが)

 

 

私は日本で一番最初に「中医学」を教え始めた伝統ある学校で育ち、

教員過程では「現代鍼灸」を基本とした鍼灸を学び

現在は、「日本伝統鍼灸」を学び・実践しています。

 

 

 

どれにもプロフェッショナルがおり、高みが有る為学びは尽きませんが

現在は、日本伝統鍼灸学会という会に所属し学んでいます。

(積聚会というのは、その日本伝統鍼灸学会に所属する一つの流派といったところです。)

 

 

 

 

年に一度、日本のどこかで行われる大きな会が「学術大会」です。

超凄腕の先生方が発表してくれたり、懇親が有ったりと

毎年とても有意義な会なのですが、今年は非常に凄かったです。伝説的な年でした。

例年400人程の参加なのですが、今回は700人も集まっていました!!素晴らしい。

 

 

 

 

加地伸行先生の「死生観」に関するお話はとても刺激になりました。

他にも、シンポジウムや実技供覧などとても充実していました。

 

 

今回、私は

「抜け毛と声量改善の積聚治療における外傷治療(刺絡)の効果検討」

というタイトルで、症例報告(デビュー)をいたしました。

 

中々大きい会場で人の入れ替わりもあったのですが

前の発表者まで80人くらいしか居なかったのに

私の番の時には150人くらい人がいたそうでぴっくりしました(タイミングの問題なのですが笑)

 

意外と好評いただき、ありがたい限りです。

助けてくださった高橋大希先生、本当にありがとうございました。

座長の関先生、加畑先生もありがとうございました。

 

懇親会でも多くの先生と話す事が出来

たくさんの学びと刺激を受けて昨夜帰京しました。

 

 

来年は、東京・船堀!!

積聚会(私が所属する会)の主催です!

運営側のお手伝いになるかと思います!!

 

 

いまからとっても楽しみです!

みなさまありがとうございました!!

2018.11.26