「大切なのは予防医学」冬でも自律神経を正常に。

こんにちは!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

自律神経を整える 横浜 鶴見の

「根本治療で生命力を高め、人と社会を元気にする」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

 

 

 

自律神経を整える事は、とても大切です。

整っていると例えばこんな生活が得られます。

 

・朝シャキッとおきて、夜ぐっすり眠る

・(適量の)ご飯を食べて眠くならない、もたれない

・スッキリ排便、排尿

・手足が温かい

・ホルモンバランスが崩れない

・しっかりと汗が出る、涙や唾液などの体液も適度に出る

・気持ちが穏やか。余裕がある

・妊娠や出産も正常に

 

 

 

この様に、自律神経の役割は幅広い物です。

「血液の循環に関与している」

というだけでも全身的に影響がある事がわかります。

 

 

 

 

自律神経は、その名の通り

自律=セルフコントロール といった物で

自然的(自分の意識にはよらず)に身体を調節してくれます。

 

 

 

 

 

特に、大切な感覚としては

「働く」「休む」のスイッチを入れ替えてくれる物だと言う事です。

 

働く時と、休む時では血液の循環は変わります。

 

 

・筋肉に血液が多く必要な時は動く時

・内臓に血液が多く必要な時は休む時

 

 

簡単な例ですが、こういう違いがあります。

この「どこに血液をどれだけ送るのか」というコントロールを

自律神経はシステムとして働いてくれています。

 

 

 

 

最初に挙げた、

自律神経は整っていると得られる生活は

このシステムが正常に働き

血液循環が上手くいっている場合に得られます。

 

 

 

 

 

食べる・寝る・出す

など基本的な人間の働きは、意識的に作っているのではなく

自律神経が自然的(勝手)にやってくれている訳なんですね。

 

 

 

 

 

整っていない自律神経は、大きく体に影響を与えます。

単純に言うと、病気がおきやすい状態です。

 

「働くべき時に働けず、休むべき時に休めない身体」だからです。

 

 

 

 

 

自律神経を整えるために、

冬場特にやっていただきたい事として有りますのが

 

 

①朝日をしっかりと浴びる

冬場は、寒かったり布団でうずくまってしまう方も多いですが

身体にあるリズムが崩れてしまいます。

 

自律神経=「自然」と捉え、

「自然に沿った生活」をしてあげる事が大切です。

 

 

 

②湯船に浸かり過ぎない

意外に思われるかもしれませんが

湯船は、身体に負担が大きいものです。

 

身体が温まる事は素晴らしい事なのですが

外から与えられる温かさは、身体にとって「刺激」になるので

それに対応しようと、働きます。

その、働く際に使うエネルギーが身体を疲労させるのです。

 

「入っている間は楽」という事は有っても

出た後を見ると冷えてしまっています。つまり逆効果になるのです。

 

逆に、足先だけ温める。という足湯はオススメです。

全身的に温めるのではないので負担にはなりにくく

リラックス効果も有り、働く→休むのコントロールがしやすくなります。

 

 

 

人生でもっとも大切なのは「健康」

健康に生きる事で、幸せはより感じられる様になります。

健康が幸せを生み、幸せが更に幸せをうむ。

 

そんな日々の為にも、しっかりと身体をケアしていきましょう。

2018.11.06