血圧を下げるには、薬の前にこの3箇所を緩める!

こんにちは!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

横浜 鶴見の

「根本治療で生命力を高め、人と社会を元気にする」太鼎堂鍼灸院です。

 

wr

窓の外のケモノたちです(笑)

 

 

 

 

血圧を気にされる方は本当に多いですよね。

臨床上、血圧の薬を飲んでいる。という方は多くいます。

血圧について色々と伝えたいことも有りますが、

鍼灸で治療を続けていくと、薬が不要になる事が多々あります。

 

 

 

 

そんな治療をする上で、大切なポイントを3点お伝えします。

今からお伝えする点を、しっかり緩めておくと体はグーっと血圧を下げてくれます。

「血圧が高くなければいけない体」にならない為に、続けてみましょう!

 

 

 

 

これは、血管をコントロールする自律神経にも影響が多分に行きます。

自律神経の調整をし、体調をあげてくれます。

手足の冷えや、内臓の疾患、慢性的な疲れなどお持ちの方にも有効です。

 

 

 

 

 

血圧治療の上で、大切なポイントを紹介する前に、、、。

(読み飛ばして頂いても結構です)

 

 

 

 

血圧は心臓から始まる長い血管を通る圧力を言います。

 

①(ポンプである)心臓が強く縮む

②血管が血液を抑え込む力が増える(血管が縮む)

 

 

大きく、この二点が血圧の上がる要素だと思ってください

血圧が高い人は、「以上の2点が必要な方」です。

何かしら、必要があり血圧を上げるわけです。

(例えば、体の緊張が強く、より押し出さないと全身に血液が届かない方など)

 

逆を言えば、この2点を避ける事が血圧を下げる事になります。

つまり、

 

・心臓が楽に全身に血液を送れる緩み方

・血管の緊張が減る(適度に)

なれば、血圧はおおよそ下がってきます。

 

 

 

 

降圧剤で利尿剤を出す事が有りますが

あれは、一時的な物です。根本的な解決ではありません。

 

 

 

 

 

では、上記の体作りの為に緩める3点です。

 

①クビ

 

②脇の下

 

③股関節(ソケイ部)

 

です。

これらは、体幹と手足や頭をつなぐ部位です。

しっかりと緩める事で、体に血液が良く巡っていきます。

 

 

マッサージもいいのですが、まずはストレッチからいきましょう。

前後左右にゆっくり伸ばします。

途中で呼吸を止めないようにしましょう。

 

 

 

マッサージができる方は

脇の下〜後ろ側にかけてしっかり揉んでいきましょう。

特に、脇の後ろ側は血圧が高い場合には硬くなりやすい場所です。

しっかろと揉んでいきましょう。

 

 

 

治療の際に、しっかり見て行く場所をお伝えしました。

ぜひ、参考にして見てくださいね。

2018.09.28