7月の回想録(積聚会新会長披露式)

こんにちは!

ブログをご覧下さりありがとうございます!

横浜 鶴見の

「根本治療で生命力を高め、人と社会を元気にする」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

 

 

8月も一週間が過ぎようとして居ますが

ここの所、なんだか忙しくブログを控えてしまっておりました。

 

 

お伝えしたい内容も多く有ったので

一番印象に残った点について振り返ってみたいと思います。

 

 

 

 

7月16日に新宿のワシントンホテルで

「積聚会新会長披露式」が行われました。

(もう3週間も前!!驚き・・。)

 

 

 

太鼎堂鍼灸院で行う積聚(しゃくじゅ)治療という治療法は

元々は学校の実技授業内で生まれた物です。

学生を対象にして居ますから

お腹を診て、背中に治療するという非常にシンプルな物になってます。

 

 

 

ですが、そのシンプルさの裏には東洋的な叡智が詰まっており

・老若男女に対応できる

・どんな症状にも対応できる

という、実は奥深い治療法です。

(実際、太鼎堂鍼灸院にも5才〜85才の方が通われ、内臓疾患や難病なども対応しています)

 

 

 

その治療法を伝える積聚会は1980年に創立されており

国内の会員数は数百名(具体的には調べてみます)居ます。

海外(主にアメリカ)でも教えられて10年以上と

国際的にも広がりを見せる積聚治療です

(ちなみに、アメリカではAcupuncture Core Therapyと呼ばれています)

↓英語版の積聚治療の本です

 

 

 

その積聚治療を作った創始者、そして

初代会長は小林詔司先生です。

(私の積聚治療の先生であり、日頃、体調管理などの治療もしていただいています。)

実は、太鼎堂鍼灸院の名も小林先生に戴いたんです(T ^ T)

 

 

 

 

本当にお世話になっている先生のお一人です。

私には、鍼灸の先生と積聚治療の先生がいますが

お二人がいなければ今の私はいません。

 

 

 

 

そんな小林先生が

会長から、名誉会長になられるという会が今回でした。

新会長は、小林先生の愛弟子である原オサム先生です。

原先生も私に影響を与えてくださっている先生です。

男として、鍼灸師としてどう生きるか。本気で伝えてくれます。

懇親会の二次会でも、熱込めてお話いただきました。感動でした。

 

 

 

初めて原先生にお会いしたのは、学校の授業でした。

その後、しばらくして参加した一泊研修で、

バスに乗り遅れた私が一駅電車で移動し、

ガラーンとしたバスの中で積聚治療の本を読んでいると

後ろから「君、一泊研修の参加者?偉いね〜。」

なんて話しかけてくれたのが原先生でした。

あまりの、驚きで慌てて動き、停車ボタンを押してしまった程でした(笑)

 

 

 

 

そんなお二人が、新しい役職に付く、という披露式典でした。

私はスタッフとして参加していましたが、色々お話聞けました。

この日、した話は宝物です。

ここには書けないお話盛りだくさんです(笑)

 

 

 

残念だったのは、

懇親会含め、豪華な顔ぶればかりだったのに

お話ができなかった所(T ^ T)

また、伝統鍼灸学会などでお話したいなーと思いました。

(贅沢言いすぎると罰当たりますね笑)

 

 

 

という訳なんですが

当日、撮って戴いた写真を貰いましたので

載せて見ます。小林名誉会長との一枚です。

宝物です(笑)

 

これからも、先生を見習って

進化・成長して皆さんの健康のお役にたっていきます。

 

2018.08.07