※重要 「健康は引き算」

こんにちは!

ご覧下さり感謝しております

横浜鶴見の「根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

 

「健康になりたい」とか健康を意識した際に

大体の方は

「足すこと」を意識することが良く良く見られます。

 

 

 

 

 

 

それは、

何か栄養食品をとる事だったり

栄養価のある食材を足してみたり

何かを健康器具など購入したり。

皆さんも、そんなご経験無いですか?

 

 

 

 

ふと、コンビニにあるサプリを買ってみたり

テレビでやっていたスーパーフードに手を出したり・・。

 

 

これって、すごーく引いてみると

「足して」ますよね?

 

 

 

 

 

 

実はこの「足す」というのは少し厄介です。

何故なのかを考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「足す」というのは「足りない」から

出てくる欲求です。

要は、「欲して」いるのです。「足りない」と何かが感じている。

 

 

 

 

 

この「足りない何か」は何なのか、と見渡してみても

実際は見えません。

いつも通りの身体であったり

何か症状が出ていても、病院に通うほどではなかったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

足りない何か。

これは専門用語で「精気」と言います。

一般的には「生命力」と置き換えて聞いてください。

 

 

 

 

 

 

この「精気」は人の身体を作り、機能させます。

人のみならず、物も、全てそうです。

また、エネルギーとも言えます。

これが足りなくなる事で

あらゆる部位に異常が起きます。

 

 

 

 

 

 

「体のあらゆる力の根源」が「生命力」ですから

 

・回復力

・免疫力

・集中力

・消化力

・思考能力

・身体能力

 

 

などなど、まだ沢山ありますが

身体の働きの背景には必ず「生命力」があります。

 

 

 

 

 

この生命力が足りなくなると、上記にあるような機能が落ち

 

 

疲れを感じたり、

内臓に問題が出たり、

皮膚に疾患が出たり

風邪をひきやすかったり

アレルギーになったり

しびれが出たり

痛みが起きたり

自律神経に問題が出たり

睡眠が取りづらかったり

妊娠できなかったり

イライラ・クヨクヨしたり

何だか、ツイていない感じがしたり

充実感が無かったり・・・・。

 

 

ありすぎますのでこの辺にして起きますが

 

「全ての病・異常の引き金」になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

その為、人は精気の減少を感じると

「自然と、欲します。」足したくなるのです。

それは、身体の防衛本能に近いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、どうでしょう。

すでに身体は「足りない」のです。

その状態で、今までより多くの物を消化するなんて可能でしょうか?

益々疲れてはしまわないでしょうか?

 

 

 

 

 

答えは、イエスです。

 

 

益々疲れ、病を生じさせるのです。

 

 

・〇〇を取り始めてから、そういえば調子がおかしい

 

・特に意味は無いけれど、一応〇〇を取っている。

 

 

 

 

 

なんて場合は即刻辞めましょう。

何故ならば、健康は引き算だからです。

少し長くなったので、またお伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

 

皆さま暑いのでお気をつけて下さい。

また、西日本大雨被害に遭われた方

一刻も早い安寧をお祈りいたします。

遠くとも、何か思いが届くようお祈りいたします。

2018.07.09