雨が降って、体調の変化を感じる人が試すべき2つのポイント

ブログ

感謝しております

横浜鶴見の「根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

 

 

いよいよ梅雨入りしましたね。

また、今年もこの季節がやって参りました。

 

 

 

 

「まーた、嫌な季節だな」

と考えるか

「この時期も、また良い季節なんだよなぁ」

と思えるかは、実は【健康】によって差が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

昨年もそうでしたが、この時期になると

普段、抱えられている症状以外に

・お腹が痛い、胃腸の調子がおかしい

・身体が重たい、だるい

・身体が冷える(クーラーなどで)

・始終眠たい

・自律神経の問題

なんて訴えられる方が増えます。

 

 

 

 

 

 

 

たしかに、雨で身体が重だるい日ってありますよね。

患者さんの中には、雨の前日に身体が重だるくなって、「明日は雨だなぁ」なんて分かる方もいらっしゃる位です。

めまいの方、耳鳴りの方、古傷が有る方はかなり影響を受ける印象を持ちます。

 

 

 

 

 

 

 

天候と身体は大きく関係が有るよ、というのが東洋医学の考え方ですが

これを「外因」と言います。

身体の外からの影響を受けて病気になるよ、というお話ですね。

 

 

 

 

 

 

 

例えばですが

足がいつもよりむくんだり、

むくむ足のダルさが強くなる方は

外の「湿度」に身体が影響を受けている事が考えられます。

むくみは「水分」ですので、外の「湿気」と関連して症状が強くなる訳です。

 

 

 

 

 

 

 

また、湿度が高い日は

暑さや寒さがまとわりつきやすいですから

(濡れたタオルと乾いたタオルでは、熱の伝わりが違いますよね)

「気温」の影響も受けやすくなります。

その為、急に冷えてしまったりします。

急な冷えは、内臓を一気に冷やしますので、

お腹を下したり、痛みが出たりしてきます。

電車内でお腹が痛んでしまう方はこのパターンもあります。

 

 

 

 

 

そもそも食べ過ぎや飲み過ぎで負担をかけ

胃腸が弱っている方は気をつける・治療をすべきなのですが。

日常生活でも過ごし方で楽になってきます。

では、少しポイントを押さえてこの状況を乗り切ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

梅雨も快適に過ごすポイントとしてまず試すべきは

①水分を減らす事、運動する(汗をかく)

②この時期でも温かい飲み物を飲むこと

です。

 

 

 

 

 

 

①については

「体内の水分 vs 外の湿気」

となる訳ですので、外の湿気が高まる分

体内の水分を減らそう。と考える訳ですね。

 

 

 

 

 

 

 

②については

急に冷たい飲み物を飲んでしまったり

お腹を冷やすと、先ほどのように

「まとわりつく冷え」が出てきます。

これは、益々身体の中に冷えや湿度を生みますので避けるべきです。

 

 

 

 

 

 

 

治療などで身体が芯から温まると

「汗がどっと出る→止まった後に身体がスッとする」

「外気の煩わしさが減る」

そんな事が起きます。

 

 

 

 

 

 

 

過ごし方で大きく変わるのが

健康と、それによってもたらされる日々の快適さです。

ぜひ、「季節に合った過ごし方」を実践して

良い梅雨をお過ごしくださいね。

2018.06.06