温活と妊活③ 元気な生活に向けて

ブログ

感謝しております

横浜鶴見の「根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

 

 

 

今日は、温活・妊活についてもう一つ書いていきます。

温活と妊活はセットになっています。

体の芯が温まればどちらの問題も自然と治ってきます。

不妊症、冷えは、世の中から一つでも減らすべきです!!

 

 

 

 

 

 

ポイントは体の芯なんだよ、生命力なんだよという話は以前も書きました。

究極の温活というのは、生命力を高めます。

 

 

 

 

 

 

では、今回は日頃から温活・妊活が出来る

行動について書いていきたいと思います。

今日は、取り入れやすい5点を挙げます

 

 

 

 

 

 

 

これらは、基本的に「生命力を高める方法」ですので

他の病気にも応用できます。

ぜひ、取り入れて良ければシェアしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

①朝イチは「お白湯」を飲む

これは、とっっっっっっても大切なことです。

少しフーフーして飲むくらいのお白湯をカップ一杯飲みましょう

お腹の中が温まる感じが有ると思います。

お茶やコーヒーなどで無く、お白湯が一番です。

夏場でもやると良いですよ。

体が温まってから動く。これは大切なことです。

 

 

 

 

 

 

②歩く

手足をブラブラと動かしながら歩く。

健康において大切なことです。

軽いものでも、少し荷物を背負って

20分~60分くらい歩くと良いです。

歩き方だけでもいくつもポイントが有りますが

 

 

 

 

・ストレスや、自分の感情の動きを感じたら

→なーにも考えずに、道端の花や雲、星など見ながらブラブラと20分歩きましょう。

 

 

 

 

 

 

・健康増進、温活・妊活ウォーク

歩きながら「体のあちこちを意識」しながら

きもーち大股、早歩きで30分~60分歩きます。

痛みや疲労を感じ過ぎない程度。終わった後に軽く汗ばんでいるくらい。

足、腿、おしり、お腹、背中、肩など歩きながら「緩む」感じをイメージしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

③お日様に当たる

お日様はいつでも身体の味方です。

日焼けなど気になる方もいらっしゃれば、5分程度でも良いですが

お日様にあちこち当たりましょう。

木陰などで、日差しや風を感じながら休む事でも良いです。外に出ましょう。

 

 

 

 

 

 

 

④話す

話す事は大切な事です。

何でも良いんです。

ただし、直接話すと良いです。

愚痴や文句は言わない相手と、「楽しい気持ちになる話」をしましょう。

愚痴や文句を言いたい時は、「それがどうやったら楽しくなるか」がポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

⑤いつもよりゆっくり食べる

食事には時間をかけましょう。

目で味わい、鼻で味わい、口の中でゆっくり味わう。

体の負担が減り、回復します。

以前書いた食べ物についても参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

それでは、今回の話は終わりです。

「こんな事で?」と感じる内容もあるかもしれませんが

十分元気になる事ですよ!

温活や妊活は、日頃の「過ごし方・考え方」が本当に大切です。

ぜひ、お試しくださいませ!

2018.06.04