鬼手仏心〜治療家として〜

感謝しております

横浜鶴見の「根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です

 

 

 

「鬼手仏心」(きしゅぶっしん)という言葉が有ります。

主に、外科医の先生に対して使う言葉だそうです。

 

 

 

 

やっている事は鬼のように見える物も、

仏のように相手を思いやる心で行なっているんだよ。という話です。

外科の手術は確かに激しいですよね。

良く良く考えたら、刃物を人のお腹に刺してるみたいに見えますものね。

 

 

 

 

 

私は、この言葉が好きです。

患者さんが「本当に良くなるためなら」と考えて最適な手を考えます。

お灸や、刺絡(しらく)など負担に感じる事もあると思います。

 

 

 

 

 

 

時として患者さんに嫌われたくない。

なんて気持ちも起こります。私も人ですからね笑。

ですが、やはり治したい。治って元気になってもらいたい。

その場で嫌われようが、後にしっかりその人が笑えればそれで嬉しいのです。

 

 

 

 

 

 

時として

「先生、痛い事するの好きなんでしょ!」

なんて言われた事があります。そんな訳ないじゃないですか。。(T_T)

私はただ治したいだけ。私が知る限りで最も患者さんに必要な方法をするだけです。

 

 

 

 

 

 

慰安的なもの、その場しのぎの事は、時として必要ですが

本当に健康になる為には足踏みさせてしまう場合もあります。

不要な時間を過ごしたり、健康になるまでに遠回りしたり。

そんな時間をなるべく無くし、元気に過ごしてもらう。

 

 

 

 

 

その為に自分を奮い立たせて最適手を打つ。

それが私のやり方です。

今日もしっかり治療します。

目標は高く。大師匠(積聚会会長 小林詔司先生)に少しでも近づけるように。

2018.05.26