鍼灸と起立性障害

感謝しております
横浜鶴見の「根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

起立性障害を紹介するテレビを見ましたが

 

最近、増えていますよね。

適応障害の方もそうですが、

若い方からの相談や、保護者の方からの相談がありよく見ます。

 

 

身体みると、すごーく冷えているんです。。

のぼせて、頭や肩は熱く張っていて、足が中から冷たい。

触れていくと、痛みが多いか全然感じない。

 

 

お話を聞くと

 

・朝起きると気持ち悪さやめまい、頭痛が強く動けない

・寝て起きたら1日経っていた

・通勤、通学で腹痛が強い。

・緊張が掛かる場面で、しっかりと立てない

・頭がぼーっとし続ける

・人の会話が頭に入らない

・寝覚めに気持ち悪くて吐いてしまう

などなど。ツライですよね。。

主に、自律神経症状が強いわけですが、

感情の問題など考えればそれだけではありません。

 

 

 

この状態の身体はすでに「頑張って」います

一番、いい状態になろうと働き続けています。

でも、何かの「ひずみ」で問題が起き続けている訳です。

 

 

よく、自律神経失調なんて言いますが

あれおかしいです。

失調してないからちゃんと手足の温度が変わっているんです。

「失調に見える、異常な身体にしないとバランスが取れない身体」なんです。

だから、その原因を探らなきゃいけない。

単に手足を温めるだけでは解決しないんです。

 

 

 

すこーし調節してあげれば身体は温まり、痛みも引いて

すぐに身体は元気になってきます。

 

 

大丈夫ですよ。

あなたの身体はこんなに元気ですからね。

って変化したお腹や脈をみながら伝えます。

 

 

 

若いうちからいい勉強したね。

色々な症状を抱えるひとがいるからね

それがわかってあげられる優しい人になる機会だったのかもね。って言いながら。

 

 

薬では、頑張る身体に負担を掛けてしまう場合があります。

そもそも、薬は長く飲み続けるようなものではないです。

 

 

 

雨の日に排水溝の手前に集まったゴミや落ち葉のように

身体にも、ひずみが起きてきます。

流れがうまくいかなくなる。

 

 

スーッと調節すれば良い。落ち葉を掃くのと一緒。

水が元のように流れるようにしてあげれば、症状は落ち着いてきます。

 

 

起立性障害もそうですが

自律神経症状は、うちの得意中の得意。

早いものだと、20秒も有れば手足が温まってきます。

一回の治療で変化を感じない人は2割もいません。

 

 

もともと元気な命です。

日々、楽しく健やかに生きるように。

ひずみを取ってそんな体にしてあげるのが鍼灸です。

2018.05.17