「チューニング」のススメ

感謝しております
横浜鶴見の「根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

 

あー最近何だかついてないなー。

何だか疲れたなー。

何だかヤル気出ないなー。

何だか病気がちだな〜。

 

と思う事が出てきたら、「自分チューニング」をお勧めします。

 

ギターなどの弦楽器も、置いておくと段々と音がズレてきてしまいます。

人の心身もブレが生じたりするものです。

 

 

ギターならば音が変になってしまう訳ですが、人であれば感覚のブレや生活の質が低下しています。

ひいては、病気になったり【何だかついてないな】という状況になります。

(補足ですが、病気がついていない訳ではないです。ついていないと病気になってもキチンと解決出来ないか、なりやすくなります。)

 

 

 

この「ブレ」というのは、身体の疲れによる所が大きいです。

こんな話をすると大半の方は「いや、疲れてはいますけど病気になる程では」と言います。

 

でも、もうその感覚自体がブレてるし、ついてない。

言い方キツイですが、それって病気を受容している考え方です。

 

 

 

治療=元気になる事

なのに

 

治療に行かない理由を挙げる、その考え方が病気に直結してますよね?

 

「自分を知る・自分に素直になる」という事は本当に大切です。

疲れは病気を引き起こしますが、知らぬ内に溜まったり解消したりしてます。

 

 

事故や病気・年齢・過剰な労働など色々な要素が重なって病気につながるのです。

それを、知識や経験含めて伝えている専門家の意見を「そんな訳ない」なんて思う時点で素直さ減ってます(笑)

ちょっと偉そうに聞こえるかもしれませんが、それでも皆さんに元気になって欲しいですからね私は。いいんです!(笑)

 

 

蛇足ですが

ズボンの裾上げされている物なんかでも

「あれ、いつの間にこんなにホコリが?」

と思うような量のホコリが溜まっていますよね。

 

 

 

あれと一緒。

疲れはいつの間に自分に溜まって感覚をブレさせたり、病気を生んだりしているのです。

 

 

朝、気分良く起きられない

ぐっすり眠れない・途中で起きる

便の状態がおかしい

のぼせや冷えがある

疲れた感覚がいつもある

楽しくない

笑顔が億劫

ストレスを感じる

 

 

などなど、疲れを身体が感じている状態は多々あります。

病気の前段階(=未病)なんていいますが、

病気には「ここから先は病気」なんて物はあまり無いです。

 

 

心筋梗塞や脳血管障害だってどんな

人もいきなり起こるわけでなく、

「そうなってもおかしくない状態」が長く有るわけですよね。

 

 

そんな状態を続けるよりも、

しっかりと対策をして元気に過ごしましょう。

その為には「自分チューニング」です。

 

これは、もちろん治療が一番オススメですが、

他にも色々と方法は有りますが、まずは3つあげておきます。

①自分自身をしっかり褒める・他人を褒める・物や空間を褒める

②腹8分目にする。(残りの2分は誰かに捧げるつもりで)

③自分の感覚を思い出せる場所に行き、ゆっくりする。

→気持ちがゆったりする場所です。

 

 

 

こんな事でも全然違うんですよ。

「微差が大差」です。

チューニングが整った状態で活動をすると、

自分らしくイキイキと生きていけます。

日々の張りが違ってきますよ!元気に過ごす日々につながれば嬉しいです。

2018.04.23