安心な妊活の為に止めた方が良いこと

感謝しております

横浜鶴見の「根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

冬に家族で楽しく鍋をつついて団欒。

なんだか素敵な光景ですよね~。

そんな日に向かって、健康的な子育てや妊娠を望む方も多いと思います。

 

 

 

 

子供は授かり物だから、来るべき時に来る。

 

こんな考え方が有りますよね。

奥深さを感じる言葉です。

 

 

 

しかしながらこの言葉は

「何も考えず当たり前にいても、子供は出来る時がくる」

というものでは無いんですよ。

 

 

 

それは

妊娠できる身体=両親の健康的な身体

健康的な赤ちゃんが生まれる=両親の健康、妊娠中の母体の健康

だからです。

 

 

 

近頃、アトピーや喘息、多動や発達障害、すぐキレてしまう子供や

または、不妊でお悩みの方、妊娠中に諸問題が起きる方が増えています。

これは、両親が健康で無い状態だからです。

 

 

 

ですから、やはり健康的な身体にする事はとても大切です。

妊娠中も、出産後も、楽しく元気な日々を送る為にはやるべき事とやってはいけないことがあります

今日は、止めた方が良いことについて下に記します。

素敵な家族を目指す方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

□ 身体を冷やす、冷たい飲食をすること

これはどんな身体にも禁物ですよ!身体は冷やして良いこと有りません。

温めなくても良いんです。冷やさないのが肝心

 

 

□ 甘い物を食べること

甘い物は女性のミカタみたいに言われますが、ミカタのフリした悪魔ですよ!

百害あって一利なし!!甘い物は非常に身体に強いんです。

食べなくてストレス溜まる!!なんて場合を除けば食べない方が良いですよ

 

 

□ 呼吸が浅いままでいること

しっかり吐くこと。大切です。

 

 

□ 運動をしない日が多いこと

体調の状態にもよりますので、無理はしないで下さいね。

指先をグーパーしたり、軽いストレッチをしたり。

頚を回したりしてください。呼吸と一緒に出来れば最高です。

 

 

□ 日に当たらない生活をする事

お日様は肝心です。骨が強くなる為にはお日様ですよ!

赤ちゃんの骨が元気にもなりますし、お母さんの身体も温まります!

子供は、日子(ひこ)、日女(ひめ)なんて言って太陽の子なんだよって昔から言います。

お日様大事ですよ。

 

 

□ 食べ過ぎること

子供のために!!なんて理由付けて食べ過ぎてませんか?

胃だってエネルギー使いますからね、、食べ過ぎちゃ身体が疲れます。

サプリや薬も減るといい。

良いお塩とお味噌、それに玄米食べると元気になります

 

 

□ 柑橘類を取ること

酸味が強い物は、身体を締めます。

子宮にいる赤ちゃんが苦しくなってしまいますからね

みかんなど注意ですよ。また、お酢も取りすぎないようにすると良いです。

何より、偏りって良くないんですよ。

 

 

 

という訳で、良い妊娠の為に止めた方が良いことです。

元気な子供は日本の宝!

お母さん、応援してます!!

 

今回書いたことは、ぜひ旦那さんも一緒にやってくださいね~。

 

 

 

当院では、来院患者様からのご要望で

安心な妊活をサポートしています。

妊娠中や妊活中には気持ちも少しあわただしくなります。

困ったとき、不安なときにメールや電話で対応しています。

本気で安心に妊娠・出産に取り組みたい方はいらしてくださいね。

2017.12.14