手術痕は切り傷。痕がある人向け

感謝しております

横浜鶴見の「根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

 

皆さん、手術を受けたことありますかね?

私は指と頭を切ったことがあり(鍼灸師なのに・・)縫合をして貰いました。

寒かったりすると痛いことが有りました。

 

 

鍼灸師になってから、色々学びましたが、結構驚きだった事が

「手術痕は切り傷だから、あらたに病気を生む」ということ

例えば、盲腸の手術痕(おへその右下に切り傷)が有ると

肩周りの皮膚が引っ張られちゃうので、肩凝りになりやすかったりします。

 

 

肩凝り以外にも起こります。私の症例で珍しいのは

盲腸の傷跡が強く、癒着を起こしたせいで、背骨が大きく曲がり

身体を反れない人がいらっしゃいます。

仰向けになると、脚が浮いてしまうんです。(背中が張りすぎて)

 

 

 

この場合に、背骨を治療せず

基本的な治療をした上で、手術痕に治療をすると

脚が付くようになるんですね~。

 

 

 

良い治療家は、手術痕見逃しません。

これがどんな結果を生むか。そんな想像しながら処置しますからね。

先ほどの方は、何年マッサージに通って背中を揉まれても

脚が付くことは無かったんだそうで、驚いてました。

 

 

 

まずは、ご自身でモミモミ揉んでください。

癒着が起きている場合は少し軽くなったりします。

それでもダメなら、診ますからお越し下さい。

簡単な物はスーッと引きます。

 

 

 

これから手術を受ける方は

傷口を冷やしたりせず、なるべく早い段階から

施術を受けることをお勧めします。

いつ・どんな風になるかわかりませんから、先手を打つべく!

 

 

 

という訳で

手術痕も立派な切り傷。

身体に負担になりますから、しっかり治しましょう!

2017.11.28