冷えをとる鍼灸は賢い選択~快眠の方法として~

感謝しております

横浜鶴見の「根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

最近YAHOOニュースに睡眠に関するニュースがありました。

「うつ病、PTSD…「不眠」を引き起こす怖い病気」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00007018-nallabout-hlth

 

「大いびき、昼間の眠気に注意=500万人が睡眠障害」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00010000-jij-sctch

 

生活をする上で睡眠というのは大切ですよね~。

かの有名なエジソンさんや、本田宗一郎さんは

「寝食を忘れて仕事をする」なんてエピソードが有る、なんて聞いて一生懸命頑張った事のある私ですが

やっぱり日中眠くなってしまって逆効果だったり、身体がぼわ~っと熱くなって体調が変になったり、その後の生活リズムが崩れたり。。。色々と起きてしまう経験があります(笑)

 

 

 

動物を見てみても、よっぽど危険が及ばない限り寝てます。

食事は出来なくとも、睡眠はしていますよね。

それ位、生きる上で睡眠は大切なんです。

 

 

 

では、良い眠りを取るために大切にされている事は有りますか?

枕、布団、運動、スマホをいじらない、部屋を暗くする、深呼吸などなど。。。

工夫されていることも有るかも知れません。

 

 

 

ですが、色々と工夫してダメな日、つい薬に頼ってしまう日も有るかもしれません。

お風呂に入ったり、リラックスしたつもりでも

何だか寝付けない。

 

 

 

きっとそれは「身体が冷えているから」です。

身体の芯は冷えると、ひずみが起きます。

普段、健康であれば何でも無いことも起きてしまうのです。

 

 

 

それは、

頭の興奮(のぼせなど)が収まらなかったり

気持ちが高ぶってしまっていたり、思い悩んでしまったり

血行の循環が悪く、眠る時に流れているべき場所に流れていなかったり

人や、その状態で様々です。

 

 

 

どんな状態でも「身体の芯の冷え」が背景には有ります。

この状態では、食事や休息も効果が鈍ります。

身体の芯は昨日の低下を表しますから、呼吸も飲食も免疫も何でも機能低下します。

 

 

 

ですから、サプリなども効果が薄いわけです。病院のお薬だってそうです。

それでも、「健康の為」と飲むわけですよね。

 

 

 

でも、、、よくよく考えますと、これって勿体なくありませんか?

土台も不安定な所に家を建てるような物です。

皆さんも勿体ないと思いませんか?

 

 

 

ですから、まずは身体の芯の冷えをとることをお勧めします。

まず、受け取る土台をしっかり作った上で健康的な行動を取る。

眠りやすい身体を作ってから眠る為のストレッチをしたり、リラックスタイムを取ったり。

 

 

 

絶対その方が賢い選択何ではないかな~と思います。

私、鍼灸師だから言うんでなく、元々不健康なんで

色々試したんですよ。で、鍼灸でのコントロールが最も優れていた。

 

 

ですから、サプリや薬に頼るよりも今は鍼灸ですよ。

賢い選択です。

健康は幸せの元。しっかり考えて自らの健康を作ってください。

 

 

ぐっすり眠れる。

そんな身体作りに、冷えをとる鍼灸お勧めです。

2017.11.25