鍼灸の学会に参加してきました!!

「痛みのない鍼・根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

10月15日

日本伝統鍼灸学会に参加してきました!

http://jtams.com/45-kanazawa/

→伝統鍼灸学会HP

 

 

 

この大会は、年に一度行われる物で

全国から数百名の鍼灸師や学生または医師の方々などが

参加する学会です。今年で45回を数えるそうです。

 

 

この「日本伝統鍼灸学会」というのは

日本における伝統的な鍼灸治療法を実践する治療家達による

研究や学術発表などを中心とした物です。

 

 

 

私も会員になり、数年前から参加していますが

会場に着くと、超有名な鍼灸師ばかりいらっしゃいます。。。

しかも普通に歩いていたり(当たり前ですかね笑)離していたり。。。

すばらしすぎる治療家達がたくさんで、興奮しきりの時間です(笑)

 

 

 

普段、身近に接していただいている先生方がステージで発表されていたり

懇親会で、雲の上のような先生方とお話しする機会を頂けたり

発表は勿論、学びが大きい会です。

遠くとも苦にならず、毎回楽しく成長できます

 

 

今回は、14日が講習会だったので、15日のみの参加となりましたが

朝5時の電車に乗って行って参りました!

北陸新幹線静かですし、乗り心地も良かったです。

 

 

 

収穫はたくさんありましたが

伝統鍼灸というのは、やはり素晴らしい叡智が詰まっていると

再確認する事が出来ました。

 

 

 

これからは、流派を超えて多くの学びが起こる

共に成長する情報シェアと相互理解の時代に移るんだと思います。

海外という物を意識せざるを得ない時代なんだと思います。

 

 

 

多くの鍼灸師は、この伝統鍼灸学会に参加しません

知りもしないという者も居るでしょう。

勉強をせずに患者の前に立つ鍼灸師は不要です。

日本の医療費の現状なども含め、医学の総合的な進化が必要な事は明らかです。

 

 

 

勉強方法が分からなければ、一度伝統鍼灸学会に行くと良いです

会の参加者は皆超一流。プロ中のプロです。

最初は勉強不足故、何も分からないでしょう。

ですが、あの場に行くだけで背筋が伸びます。確実に何かが変わります。

 

 

 

鍼灸師は

良い本に出会って、過去の叡智を知り

それを実践するより良い治療家の生き様や背中を見て、技量が増します。

なんとなく過ごすだけでは病気には歯が立ちません。

 

 

 

これからも、多くの研鑽を積み

より良い治療を提供していきたいと思います。

今もなお、伝統の先端としてこの時代で鍼灸をする一人として

多くの方を助けていきたいと思います。

2017.10.16