なぜ、あの人は疲れずいつもイキイキ働いているのか?

IMG_0556

 

「痛みのない鍼・根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です

 

 

今日は少し不思議な話をします。とっても力が出る話です。

ゆっくりと伝えていきたいなと思っていますが、好き嫌いが分かれる話しかも知れません。

嫌いな方には申し訳ないです。

好きな方にはとーっても力が入ってくる話しかと思います。よろしくおつきあい下さい(^^)

 

 

 

 

昔、こんな事を言った方がいます。

 

「托鉢をするならば、貧しい家々を回りなさい」

(托鉢=お坊さんが修行のため、鉢(はち)を持って、家の前に立ち、経文を唱えて米や金銭の施しを受けて回ること。)

 

 

 

普通に考えれば、物をたくさん持っている方から貰えば良いですよね。

貧しい家より、裕福な家の方が色々と分けて貰えるでしょう。

ですが、この方は「貧しい家々を回る事は、その方々の為でも有る」と言ったそうです。

 

 

 

なぜでしょう?

きっと貧しい方は、お腹いっぱいにもなれない食料しか持たず、お金だって満足に持ってません。

昔といっても千年以上前なのですから、皆さんの想像以上の貧しさかと思います。

 

 

 

でも、その方は言ったんです。

「貧しい人から貰いなさい」と

なぜだと思います?

実はここに、「人が自分が持っている以上のパワーを発揮する秘訣」が有るのですが。

 

 

 

というのも、人の力には

「誰かに施そうとする時に引き出せる力」と

「感謝されると引き出せる力」

というのがあります。

 

 

 

先ほどの貧しい方々は

「貧しい考え方」をしてその日々の結果「貧しい生活」に至った訳です。

清貧なんて言いますが、そういう方は少ないです。

 

 

 

「貧しい考え方」と「豊かな考え方」では

・分け合わない← →分け与える

・「自分中心」・「利己的」← →「自分も相手も大切」・「利他的」

・「物事が当たり前」← →「ありがたい・感謝」

というような違いが有ります。

 

 

 

先ほどの話しで考えると、

貧しい方々に回ったのは「分け与える気持ち」になってもらう為ですよね。

わずかな物でも、分け与える。自分自身だけでなく他人も大切にする心。

それが芽生えるだけで「豊かな考え方」になれる訳です。

 

 

 

豊かな考え方は豊かさを生み、貧しい考え方は貧しさを招く。

周りの事を思いながら一生懸命仕事をしたら奇跡的な事が起きた。とか

チーム一丸となって突き進んでいたら感動が生まれた。

なんて体験したことあるんじゃないですか?

あの時のパワーって、自分以外の何かからもパワー貰ってるんですよ。

 

 

 

 

ちなみに、これを仰ったのは「ゴータマ・シッダールダさん」です。

後にお釈迦さまと言われる方ですね。

さすがです。

 

 

 

 

豊かな考え方を持つ事は、一般的に難しく思われているようです。

確かに、仮に持っても、持ち続けられるかが修行みたいに試されますもんね。

ですが、無いよりマシですし、体験したことある方が良い。

 

 

 

気づいたら、ドンドンと周りに与えてあげる。

私は治療中そんな事を意識してます。

肩凝りをただ治す。のでは無い。それをきっかけに豊かになって帰って貰う。

するとドンドン元気になってくるんですね。

 

 

与え始めると

まるでキャンドルサービスです。

暗い中でも、豊かな考えを持つ人の周りは明るく見えます。

 

 

 

ぜひ、豊かな考え方を持ってみてください

いつも以上のパワーを出して

元気はつらつ、イキイキと生活していきましょう(^^)

2017.08.25