肌つやだって良くなるんです鍼灸治療!

「痛みのない鍼・根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です。

6dcf78a1190d3171b6752b37c5087691_s

 

 

鍼灸治療で何が治るのか!?と言われますと非常に困るところが有ります。

なぜなら、その数が多すぎるからです。では、その内容をまずご覧下さい。

 

 

 

WHO(世界保険機構)において鍼灸治療が適応と認められる疾患が以下の物です。

 

 

 

○神経系疾患:神経痛、神経麻痺、筋肉痛、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調、めまい、頭痛、不眠、神経症、ノイローゼ、ヒステリー

○運動器系疾患:関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、頸肩コリ、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷の後遺症

○呼吸器系歯科kん:気管支炎、喘息、風邪および予防

○循環器系疾患:心臓神経症、動脈硬化症、高血圧、低血圧、動機、息切れ

○消化器系疾患:胃腸病(胃炎、消化f不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)、胆嚢炎、肝機能障害、肝炎、胃・十二指腸潰瘍、痔、口内炎

○内分泌代謝系疾患:バセドウ氏病、糖尿病、痛風、脚気、貧血

○泌尿器疾患:腎炎、膀胱炎、尿道炎、性器脳障害、尿閉、前立腺肥大、インポテンツ

○婦人科系疾患:更年期障害、乳腺炎、白帯下、生理痛、月経出血、冷え症、のぼせ、つわり、不妊症

○耳鼻咽喉科疾患:中耳炎、耳鳴り、難聴、メニエール病、鼻出血、鼻炎、蓄膿症、咽喉頭炎、扁桃炎、声枯れ

○眼科系疾患:眼精疲労、仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい

○小児科系疾患:小児神経症(夜泣き、疳の虫、夜驚症、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)、小児喘息、アレルギー性疾患、耳下腺炎、夜尿症、虚弱体質の改善

○皮膚科疾患:蕁麻疹、しもやけ、ヘルペス、おでき

○アレルギー:気管支喘息、アレルギー性鼻炎、眼炎

 

 

とあります。

すごい数ですよね!

肩凝りや腰痛だけじゃないの!?なんて思われる方も多いかと思います。

 

 

 

以上の疾患もすべて「等」が尽着きますし、現段階で分かっていないだけで、実際は効果があるもの

まで考えたら本当に数が多すぎるんです。

 

 

 

ですから、何が治せるの?という質問はすぐに答えられないところがあります。

いつもどう答えれば分かりやすくお伝えできるのかを考えています。。。

(来院された患者さんには伝わりやすいのですが、知らない方には説明も難しいところがあります。)

 

 

 

また、これは一般的な鍼灸治療の話という点もあって

実は、もっと改善する症状は有りますし、当院にも症例はあります。

 

 

 

当院で行う治療を簡単に説明すると

「全ての細胞を活性化する治療」です。

上記した疾患は、要はどこかの細胞が異常を起こしている。と言える訳なんですよね。

身体が元気で居続けるシステムが狂ってしまっているんです。

 

 

 

当院の治療は身体の芯の部分に治療を行い、全ての細胞を元気にしていきます。

アメリカでも広まっているこの治療は、向こうでコアセラピーと呼ばれています。

それだけ、表面的・局所的ではない治療なんですね。

ですから、更に何に効くの?という質問に答えづらい。

 

 

 

分かる人はすぐピンとこられます。

「あ、全身が芯から元気になっているな」って。

筋肉の問題も、血管の問題も、要は細胞です。

その細胞を元気に働かせる力を生命力と言い、全身が元気になるシステムを上手く作動させているわけです。

 

 

 

それが狂ってしまう状態を正して、自ら元気になれるようにしていく。というのがうちのやり方です。

ですから、肌つやだってキレイになるんですよ。顔色なんて凄くよくなります。

外側もですが、内側からキレイになっていくんですから当然です(^^)

 

 

 

不思議な話なんですけれども

治療家にも何だか特性のような物がありまして。

付属特性?というかなんというか。この先生は髪が増えやすいとか、姿勢がキレイになるとか色々有るみたいなんですが

私の場合「肌つやがキレイになる」というのと「ツイてくる」というものが特に強いらしいです(笑)不思議な話です。がよく患者さんに言われます。

 

 

 

 

 

また不妊の問題や、精神的な疾患

これらも非常に得意です。

元気な子供を幸せに迎える。

日々を楽しく豊に暮らす。

 

 

こんなお手伝いが得意です。

多くの方がこれを知り、元気になってくれれば嬉しいなと思います。

 

 

 

今日が人生で一番素晴らしい日!

そう心から思えるように、病気を一つでもこの世から減らす。

そんな思いを持っている鍼灸治療です(^^)

人生を豊にする方法として、ぜひご存じいただければと思います。

2017.08.08