初舞台。。。

「痛みのない鍼・根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です。

 

 

 

8月5~6日に行われた積聚治療夏季学生セミナーに参加してきました!

毎年、全国の学生を対象に行われます。場所は大森駅にある東京衛生学園でした。

私にとっては母校であり、今年度から臨床実習の授業でお世話になっています。

image1(4)

衛生学園に貼ってあったポスターを撮影させていただきました。

 

 

北海道や愛媛や新潟など遠方からも参加者があり、10校ほどの学校から参加がありました。

2日間朝から夕方までみっちり行い、初日には懇親会もあるというかなり濃い二日間です(笑)

 

 

 

今回は、「鍼の持ち方や刺し方」についてと、「腹診」について講義をしました。

どちらも基礎技術として大切になるパートでしたので、緊張もありましたが、簡単に伝わるように心がけました!

他の講師陣の話しも聞けたので、一番勉強したのは私だと思います(笑)

 

 

 

鍼によって身体は変わるんだ!という所を主なテーマに据えて行ったわけですが

学生の皆さんはどうお感じになられたんでしょうかね~。

少なくとも、講義の後にペアの方に変化が見られた際には嬉しそうにされていたのが印象的でした(^^)

 

 

 

鍼灸治療で人は必ず良い方向に向かいます。

そう考えながら、目の前の患者さんに全力で向き合うからです。

日々、感じながら考え、努力して、携わっていく。

 

 

 

一期一会、でなく一会全力と聞いた事がありますが

まさにその通り。一回一回が真剣勝負です。

今後、学生さん達は鍼灸師として成長する道を歩んだとき、

多くのやりがいを感じる事だと思います

 

 

 

ですが、同時に自分を豊かにする為の課題や難題に出会うかと思います。

初めて人に治療をして変化を起こし、喜ばれた経験を糧に

今後も堂々と歩んでももらいたいなぁなんて思いました。

 

 

 

非常に良い機会で嬉しかったです。

良い2日間になりました。

参加者の皆さんありがとうございました。

講師の先生方ありがとうございました。

暑い暑い踊り場で裏方として応援していただいた先生方ありがとうございました。

この機会を与えていただいた他の先生方もありがとうございました。

ここまで教え導いて下さった先生、ありがとうございました。

2017.08.07