冷えは万病のもと!

0c123e3be75a7a4fadb3799cd662780c_s

「根本治療で人と社会を温める」太鼎堂鍼灸院です。

 

さて、いきなりですが、クイズです。

人間の身体は、

 

①南極に居る時と②サハラ砂漠に居る時で

人体の深部の体温はどのように違うでしょうか!?というクイズです!

 

こまかーーーーく考えずにおおざっぱで構いません。

 

 

 

 

正解は

どちらも一緒。です。

 

 

これは、人間には「恒常性(こうじょうせい)機能」という働きがあり、体温をはじめとした体内環境をある一定の範囲に保つ

という働きがあります。

これは、健康的な方はどの人体にも備わっています。どの方も体内環境は同じようになっています。

 

なので、寒いところでも暑いところでも一緒です。

汗をかいて冷やしたり、熱を生むためにホルモンをだしたり。なんて事を自分でも知らないところで身体はしてくれています。

 

こういう働きがある上で我々の日常生活は行われているわけです。

自然と備わったこの素晴らしい働きに拍手!!!感謝して大切にすべきですよ(^^)

 

 

さて、この働きが崩れ、体温が維持出来なかったり、正常な状態にし続ける事が出来なくなってしまう事が有ります。

 

それを病気。という訳です。

 

 

本来、人間の身体は病気の状態でも、健康な状態(通常の状態)に成るべく働き、健康な状態へと戻ろうとするわけですね。

臓器は臓器として自然な状態で働く、目は目として、耳は耳として、筋肉は筋肉として自然な状態で働く。それが起こるのが健康な状態です。

ですが、それが病気だと出来なくなります。通常なら当たり前に起こる反応が起きなくなる。

この原因は

 

「身体の冷え」です。

少し違和感がある方もいるかも知れませんので、説明を加えていきます。

 

 

 

当院では、「冷え」という言葉を2つの意味で使っています。

①「冷たい」という意味での冷え

②身体の芯が冷えているという意味

これの内、万病の元となるのは②の意味です。

 

①は単純に冷たいという感覚的な冷えですね。これはお分かりいただけるかと思います。

 

②なのですが、これは「身体の機能が低下している・エネルギー不足」という意味を持つ冷えです。

①を包括した内容ですが、感覚的な冷えとは異なります。

 

例えば「発熱していても冷え」となります。

 

 

えっ?

発熱なのに冷え???

いやいや、どう考えても熱いじゃん!

 

となりますよね(笑)

少し難しく感じられるかも知れません。。

 

 

最初にお伝えした、恒常性機能(身体を一定の状態に保とうとする働き)が人間には備わっています。

ですから、基本的に病気になるような事は無いんです。

ですが、これは身体の芯が冷える(エネルギーが不足する)とその機能を十分に果たせなくなってしまいます。

 

ある一定(健康的な)状態に保つ力がなくなってしまう=身体の芯が冷えている

訳ですから、

 

発熱(異状)=通常の機能を果たす力が足りない

と理解する訳ですね。

 

 

これは、全ての異状に対して言えます。

胃痛でも、下痢でも、眠くて仕方なくても、冷えていても、熱や風邪を引いても

頭が痛くても、内臓の病変でも、筋肉が痛くても、精神的なでも。

 

どのような状態でも、身体が通常と同じく働けるようにしてあげれば治まります。

治すのは病気ではなく、人です。

「肩凝りを治すのではなく、肩凝りが起こってしまうような身体全体」

を治すべきなのです。

 

 

難しいかも知れませんが、ここが分かると非常に健康的なセンスが高いと思います。

健康的な観点を身につける為に大切なポイントなので、ご理解いただくと嬉しいです。

 

 

 

ところで何故、身体の芯の冷えが起きてしまうかと言うと

出生時からの影響を受けますが、栄養、人間関係、仕事の内容、妊娠や出産、過去に掛かった病気とその処置、事故やケガなど

によって起こります。

先ほどの感覚的な冷え。でも起きます。

冷たい飲み物や食べ物など、身体を冷やす物は身体の芯も冷やします。

 

冷たい飲み物食べ物を取る→身体の芯が冷える→機能が低下する事で痛みや症状が起こる

 

普段より寒いと動きたくなくなるじゃないですか。少なくとも私はそうなんですが(笑)

 

冷やされると身体は機能をしづらくなりますし、痛みを生みます(氷水に手を入れたりすると痛いですよね?内臓も一緒です)

なので、健康を見直す際、身体の芯を冷やす事項として、冷たい飲食をしていないかをチェックしましょう。

夏場は特に冷たい物が美味しいですよね。ですが!!注意です!!!!

 

 

ぜひ、これを機会にご自身の身体と向き合い、「自分の身体は健康的な働きを持っているか・異状が無いか」など確認をしてあげてください。

身体の芯の冷えは、単純な痛み止めなどでは無くなりません。痛みを感じなくなるだけです。

根本的な改善をして身体を楽にしてあげましょう!

 

 

 

 

※頭痛を鍼灸治療で減らしたい。という頭痛プロジェクトを考えています。

試行錯誤しながら参りますが、第一弾として

  夏場に辛い頭痛を無くす「夏の頭痛ゼロプロジェクト」 を行います!

  当院に来院をされた事のある方からのご紹介で、「頭痛でお困りの方」であれば、

  初診時に掛かる料金から2000円割引させていただきます。また、ご紹介をして下さった方も次回来院時に1000円割引いたします。

  このブログをご覧の方で、頭痛を持たれるお知り合いのかたいらっしゃれば、お勧めをしていただけると嬉しいです。

方法はご予約お電話の際に紹介者と頭痛プロジェクトだと仰っていただければ結構です。

  8月の末までの2ヶ月で、各月7・8月それぞれ4名様限定(先着順)とさせていただきます。

2017.06.29